その他の特約

その他の補償

個人賠償責任特約 オプション 個人

日本国内、国外を問わず、記名被保険者、その配偶者またはこれらの方の同居のご親族・別居の未婚のお子さまが日常生活における偶然な事故(例:自転車運転中の事故など*)により、他人にケガなどをさせたり、他人の財物を壊したりした場合に、法律上の損害賠償責任の額について、保険金をお支払いする特約です。

*自動車事故等を除きます。

保険金額

日本国内で発生した事故 無制限
日本国外で発生した事故 1事故につき1億円

!ご注意

  • ノンフリート契約に限り付帯できます。

記名被保険者、その配偶者またはこれらの方の同居のご親族のいずれかの方が、個人賠償責任特約を付帯した保険契約を既にご契約の場合は、同じ特約を付帯すると補償が重複することがありますので、他のご契約の補償内容を十分にご確認ください。

弁護士費用特約(日常生活・自動車事故型) オプション 個人

被保険者が負担された次の所定の費用をお支払いする特約です。

被害事故弁護士費用保険金

日常生活における偶然な事故(自動車事故などを含みます。)により被保険者がケガなどをされた場合や自らの財物(自動車、家屋など)を壊されたことによって、相手の方に法律上の損害賠償請求をするために支出された弁護士費用や、弁護士などへの法律相談・書類作成費用などを保険金としてお支払いします。

保険金額

・被害事故弁護士費用保険金  1事故1被保険者につき 300万円限度
・被害事故法律相談・書類作成費用保険金 1事故1被保険者につき  10万円限度

刑事弁護士費用保険金

自動車を運転中の事故などにより、被保険者が他人を死亡させた場合または他人にケガをさせて逮捕もしくは刑事訴訟をされた場合に、刑事事件(少年事件を含みます。)の対応を行うために支出された弁護士費用や、弁護士などへの法律相談費用などを保険金としてお支払いします。

保険金額

・刑事弁護士費用保険金  1事故1被保険者につき 150万円限度
・刑事法律相談費用保険金 1事故1被保険者につき  10万円限度

!ご注意

  • お支払いの対象となる費用の認定は、約款に定められた基準に従い損保ジャパンが行います。弁護士費用等の合計額が保険金額(被害事故弁護士費用の場合は300万円、刑事弁護士費用の場合は150万円)以内の場合であっても、着手金・報酬金等の項目ごとの支払限度額を超える金額については、自己負担になります。
  • 弁護士などへ委任を行う場合は、その委任契約の内容が記載された書面の提出により、あらかじめ損保ジャパンの承認を得ることが必要となります。

弁護士費用特約(自動車事故限定型) 個人 法人

弁護士費用特約(日常生活・自動車事故型)の被害事故弁護士費用保険金および被害事故法律相談・書類作成費用保険金をお支払いする場合を、自動車事故などに限定した特約です。

!ご注意

  • 弁護士費用特約(日常生活・自動車事故型)と同時に付帯することはできません。

記名被保険者、その配偶者またはこれらの方の同居のご親族のいずれかの方が、個人賠償責任特約を付帯した保険契約を既にご契約の場合は、同じ特約を付帯すると補償が重複することがありますので、他のご契約の補償内容を十分にご確認ください。

他車運転特約 自動セット 個人

借用中の自動車(自家用8車種に限ります。以下同様とします。)を運転中*の事故について、借用中の自動車をご契約の自動車とみなして、ご契約の自動車の契約内容に従い、所定の保険金をお支払いする特約です。
* 駐車または停車中を除きます。

!ご注意

  • 「借用中の自動車」には、記名被保険者、その配偶者またはこれらの方の同居のご親族が所有または主に使用する自動車は含まれません。
  • 車両事故が補償の対象となる場合は、借用中の自動車の時価額を限度に保険金をお支払いします。
  • 借用中の自動車の保険に優先してお支払いすることができます。

ファミリーバイク特約 オプション 個人

記名被保険者、その配偶者またはこれらの方の同居のご親族・別居の未婚のお子さまが原動機付自転車を使用中などに生じた事故を補償する特約です。この特約には、人身傷害型と自損傷害型があります。

補償内容

  • ファミリーバイク特約(人身傷害型)では対人・対物賠償事故、人身傷害事故が補償されます。
  • ファミリーバイク特約(自損傷害型)では対人・対物賠償事故、自損傷害事故が補償されます。

!ご注意

  • 運転者限定特約および運転者年齢条件特約は適用されません。
  • 原動機付自転車自体に生じた損害は補償の対象となりません。
  • 借用中の原動機付自転車を使用中などの事故も補償の対象となります。

記名被保険者、その配偶者またはこれらの方の同居のご親族のいずれかの方が、ファミリーバイク特約を付帯した自動車保険を既にご契約の場合は、同じ特約を付帯すると補償が重複することがありますので、他のご契約の補償内容を十分にご確認ください。

車両積載動産特約 オプション 個人 法人

盗難や偶然な事故などによりご契約の自動車に損害が生じ、その事故などによって自動車の室内・トランク内などに積載している動産に生じた損害に対して保険金額を限度に保険金をお支払いする特約です。盗難の場合は、ご契約の自動車本体が盗難*にあわれたときに限り補償の対象となります。車上狙いなど積載中の動産のみ盗難にあわれた場合は、補償の対象外です。
* ご契約の自動車の一部分のみの盗難を除きます。

保険金額

1事故につき 30万円*
* 記名被保険者が法人の場合は、30万円、50万円または100万円をお選びいただくことができます。

!ご注意

  • 自家用8車種のご契約に限り付帯できます。

ドライブレコーダーによる事故発生時の通知等に関する特約 オプション 個人

ご契約の自動車に搭載されたドライブレコーダー*が事故による衝撃を検知したことにより信号を発した場合で、損保ジャパンがそれを受けて事故の事実を確認したときは、普通保険約款に定める「事故発生時の通知義務」が履行されたとみなすことなどを定める特約です。なお、この特約を付帯したご契約には、安全運転支援サービス「DRIVING!(ドライビング!)」が提供されます。
* 損保ジャパンから貸与する当社オリジナルドライブレコーダーに限ります。

!ご注意

  • ご契約期間が3年以内のノンフリート契約に限り付帯することができます。
  • ご契約者が携帯電話(サービス利用可能なブラウザ機能、ショートメッセージサービス機能およびALSOKかけつけ安心サービスをご利用の場合は、GPS機能付の携帯電話に限ります。)を所有していない場合は、この特約を付帯することはできません。また、運転候補者を追加登録する場合についても、同様の条件を満たした携帯電話を所有している必要があります。
    * ショートメッセージサービス機能付の携帯電話に限ります。
  • ドライブレコーダーは、電源供給のためにご契約の自動車のシガーソケットを使用します。シガーソケットが使用できない場合、この特約を付帯することはできません。

被害者救済費用特約 自動セット 個人 法人

ご契約の自動車の欠陥・不正アクセス等により人身事故または物損事故が発生した場合で、被保険者に法律上の損害賠償責任がなかったことが確定したときに、被害者を救済するための費用をお支払いする特約です。

!ご注意

  • 人身事故は対人賠償責任保険の保険金額を限度とし、物損事故は対物賠償責任保険の保険金額を限度とします。

安心更新サポート特約 自動セット 個人

所定の通知締切日までに取扱代理店もしくは損保ジャパンまたはお客さまのいずれか一方から継続契約を締結しないなどの意思表示がない限り、一定の条件に基づき保険契約を更新する特約です。
※ 明細付契約など一部対象外となる契約があります。

継続うっかり特約 自動セット 個人 法人

満期日までに継続手続きを行えなかった場合であっても、その理由がご契約者の事情によらないときなど、 一定の条件を満たしているときは、満期日の翌日から30日以内にお手続きいただくことにより、満期日と 同等の内容で継続されたものとしてご契約いただける特約です。
※ 安心更新サポート特約が優先して適用されます。

▲ TOPへ 損保ジャパン 自動車保険 TOPへ ≫